Categories
Choju Yokai Giga

最後のボスはぬらりひょんでいいのか

妖怪もののゲームや物語でぬらりひょんという妖怪は、結構な頻度で登場しそれなりにボスとして描かれることがあります。これを最後のボスとして描くのはありきたりな選択となってしまっています。ストーリとしてボスとなることはあり得るのですが、実際何ができる妖怪なのでしょう。強いとか弱いとかそういう軸で測ることができる妖怪ではないので、ゲームのラスボス向きではないのかもしれません。

Beat’em upとかベルトスクロールアクションなどの格闘を中心としたゲームも、最後のボスが、ん?ってなることが多かったと思います。よくあるのは何かしらの苦渋をなめた一般人(プレイヤ)が、大組織にこぶし一つで乗り込み殴り倒すというゲームが多かったのですが、最後のボスが組織のトップ、場合によってはご老体の黒幕だったりします。

ずっとこぶしで語り合ってきた敵たちですが、最後のボスはこぶしを振りかざすタイプではない、恐ろしさや強さを別の方法で表現してきたろくでもない奴らです。銃火器を使用することでボスとしての体面を保つ感じだったり、QTEになったりして難易度をあげたりされることもありますが、逆にこれをやられると『なんで今までこれをやらなかったの?』となります。ただ、平和を求めるプレイヤは最後に殴る相手は組織の黒幕でありたいので受け入れなければなりません。

ぬらりひょんは、どっちかといえばそれらのボスとかと同じ性質のものと思います。人の心に取り入ったり、人の闇に触れたりととても危険な妖怪なのですがアクションゲームで表現するのは難しいです。

鳥獣妖怪戯画のぬらりひょんは、プレイヤと類似のスキルを持たせることにしました。ぬらりひょんがやった大事件を、プレイヤが同じ方法を使ってぬらりひょんを追いかけるので一応説明がつきます。場合によってはほかのボスより弱くなるかもしれません。調整によってプレイヤにある程度のスーパープレイを披露する場をボス戦でご用意したいと思います。