Categories
Choju Yokai Giga

ゲーム作り中に別のゲームが作りたくなっちまう

やりたいことがたくさんあってそいつらが列を作って順番待ちしています。大好きなものに囲まれていて幸せだな、って話。

前回のブログは、得られるものはシンプルじゃない、希望なんてこれからいくらでも生まれるし、先にあるものは希望だけという文章にしたつもりが、前半でネガティブな流れを作りすぎてしまったので、今回は最初にさらっと説明しておきます。本当はいろんな人のつらさに寄り添いたいのですよ、自分は弱いから。ただ、ゲーム作りを楽しんでいる方たちに寄り添うものは、やっぱり自分で作ったゲームですよね。すんげえクールなものを作ったことを思い出してほしい人がたくさんいるので、前回は感情的になりすぎました。

さて、本題ですが鳥獣妖怪戯画は約一年を作成期間としている、素人の私からすれば長編に当たります。よくあるアドバイスで、始めたばかりの人はミニゲームをいっぱい作りなよってのがあるのですが、ゲームクリエイターになりたい人のか、ただ作りたいゲームがある人なのか、というと私は後者に当たります。ミニゲームも大好きでいっぱい遊びたいし、作りたいのですがたまたま作りたいゲームがこんな長編になっちゃったのでしょうがないです。時々お休みしてミニゲームを作るということにして、作り始めちゃいました。

技術的に未熟であるがゆえに、出会うものが新鮮で、なおかつすべてが背伸びをして挑戦する必要があって楽しい毎日なのですが、そんな中、こんなゲームがあったら素敵だな!!というアイデアに出会ってしまうと今作っているゲームの手が止まってしまいます。

優先順位を付けて、『ここまでやったら、一回休んでミニゲームを作ろう』みたいな感じでやりたいことが山積みなわけです。お仕事だったらあまり幸せではないんですが、これは大好きなゲームのお話ですから幸せの極みなんです。そして、思いついたアイデアは無料のゲームエンジンを使用して公表レベルに至らなくてもプロトタイプなら、さらっと作れてしまう環境はとにかく幸せですな。

鳥獣妖怪戯画を4ステージまで公開しました。ここでいったん休憩します。ステージ5は最後のボスにする予定です。1年間ずっと一緒に過ごしてきた鳥獣妖怪戯画ですが、終わりが見えてきて正直寂しいです。実際にはバグなどもあるでしょうからボス戦の完成とゲームの完成は一致しないんでしょうけど。

いったんお休みして作るゲームは、ブラウザゲームで家族で遊べるものを作りたいと思います。U1Wのゲームを家族同士、交互にゲームプレイをして議論したのがすごく楽しくて、忘れられない経験でした。ブラウザゲームは基本的にはコントローラをそのためにPCにつなぐ人はあまりおらず、キーボードマウスで行うことが前提になります。そのためローカルマルチプレイには若干のハードルが存在します。PC用デスクに椅子を二つ並べてキーボードマウスをシェアしながらゲームが遊べたら素晴らしいと思い、そのアイデアをひねります。その中には鳥獣妖怪戯画にも使えることを試してみたいと思います。公開するレベルに仕上がればまたこのブログで紹介したいと思います。